カラスとカラスの糞と戦いの日々

家の前にある電線に明け方近くなるとカラスがびっしりやってきて糞をするため家の前の歩道は糞がびっしり、という日々。

カラスを逃がすため、夜中に窓を開けて、手を叩いたりしていますがいまいち効果がありません。カラスはこちらを舐めていて手を叩くくらいの音では飛び立とうともしないヤツさえいます。

毎晩、カラスを追い払うのは大変ですが、糞を掃除する方が大変なので欠かすことは出来ません。糞でまみれた歩道は匂うしすぐ水洗いをしないと落ちないし、水道代はかかるし大変なばかりです。

人づてにLEDのライトを当てるとすぐ逃げていく、ときき早速電気店でLEDライトを買って試してみました。

効果あり!!

ライトを当てるとバタバタと飛び去りました!!手で叩くよりもいいようです。とは言っても市役所に相談してもカラスの駆除はできないそうで、対処方しかないようで夜中のカラスとの戦いはまだまだ続きそうです。

くそー!!いつか勝ってやる。待ってろ、カラス―!!

もしかして、チーズが犯人か!?

女性は骨粗しょう症を注意しなくてはならないとテレビで見ました。
この手の情報番組は見て満足するだけが多かったのですが、骨粗しょう症になると歳を取ってからが大変そうだと思い、カルシウム摂取を心に決めました。
魚が嫌いなので、乳製品に頼ることにします。
ヨーグルト、牛乳、チーズ。
どれも大好物なので、何のストレスもなくカルシウム摂取が出来そうです。
朝から牛乳たっぷりのカフェオレでリッチな気分に浸ります。
チーズトーストもお気に入り。
昼には、スープに溶けるチーズを乗せて、熱々でいただきます。
ラーメンにもチーズをトッピングすると美味しいと気が付きました。
夜はビールのお供にチーズです。
カルシウム摂取を心掛けながら、お酒を楽しむなんて合理的。
とにかくチーズがどんな料理にも活躍して、着々とカルシウムを摂取できているとおもいきや。
なんと、激太りです。
思ったんですけど、やっぱりチーズが犯人だと思います。

本日雨天 仕事が休みとなりました

今朝は朝から雨。仕事が休みとなりました。通常であれば朝からバタバタ準備をして会社に行きますが、本日はなし。

ゆっくりと起き、テレビを見て、朝ご飯の準備が出来たらニュースを見ながら食べる。非日常的な1日です。朝ご飯を食べてから普段は子供たちは歩いて学校に通いますが、今日は車で送りました。子供達も、雨の中歩かなくて済み喜んでいるようです。

送ってからは何も予定がありません。布団に寝転んでゴロゴロしています。何もしないうちにお昼になります。お腹が空いたので食品を買いに近くのスーパーへ。

そこでお酒を購入し、昼酒の開始です。お酒を飲みながら、つまみ食いをし、楽しい時間を過ごしました。お昼を食べてからも何もすることはありません。お昼寝です。

一人静かに布団に横になり、静かに眠ります。起きれば夕方。お腹も空きません。布団の上でダラダラと過ごし、お腹が減り始めた所で、夕ご飯の準備です。今日はお昼にお酒を飲んでいるので、あっさり目のうどんにしました。また少しお酒を飲みながらうどんを食べ、お風呂に入り、今日一日が終わりした。買い物以外外に出ない、何もしない1日を過ごしました。

体力の衰えを痛感した一日でした

昨日の午前中は前日からずっと降り続く雨がやまず、お店に来るお客さんの数も少なくて、のんびりとした感じでした。しかし、午後になり雨が止むと一変。

日曜日だったこともあり、一気にたくさんのお客さんが来店されました。多数のお客さんのご依頼にお答えするために、私も周りのスタッフも大忙しで働きました。昨日は風邪で休んでいるスタッフが二人いたため、より忙しさに拍車がかかる状態でした。

いつも、多少は早歩きをしたり小走りをすることはありますが、昨日はいつも以上に小走りを何度も繰り返して、フロアの一階と二階を往復していました。閉店時間になる頃には、もうくたくたです。トイレの鏡で顔を見ると、はっきりと疲労感が出ている顔がそこにはありました。一晩明けた今日になっても、疲労感は強く残っていますし、筋肉痛も下半身にでています。自分の体力の無さを痛感して、がっかりしています。家と職場の往復にウォーキングを取り入れるなどして、体力アップをしないとこのままではまずいかなと、筋肉痛で痛む足でフロアを歩きながら、考えてしまった今日一日でした。

昨日久しぶりにメルカリで出品をしたら

昨日、久しぶりにメルカリに出品をしました。
数ヶ月前に父からメルカリで売って良いといらない本をもらっていたのですが、無精で部屋に置いたままにしていたものです。
最近時間ができたので出品してみたのですが、今日朝目覚めたらさっそく売れていて驚きました。
急いで本を梱包し、時間を見つけて郵便局で発送します。
それで得られる収益は微々たるものですが、それでも積み重なって行くとかなりの額になるのでとても嬉しく思っています。
さらにもう一冊本が売れたのですが、それは昨日出品したものではありません。
なぜ今頃売れたのかと疑問に思いましたが、おそらくは昨日出品したもののリンクをたどってその本にたどり着いたのでしょう。
ずいぶん長い間私の部屋に積まれたままになっていたものなので整理ができてうれしく思いました。
しかし、売れない本の方が多く部屋をかなり圧迫しています。
そのまま売れないようならメルカリでないところでまとめて処分しようかと最近思っているのでした。

運動不足解消しようといろいろ試してみる

だんだんと体力がなくなってきているようでちょっとした段差につまづいたり、少し前にはこけてしまって膝を負傷してしまいました。
足が上がっていないのか、段差につまづいたり、することにさすがにショックを受けました。
なので、運動不足解消のためウォーキングをと思いましたが、さすがに続けて行けないかなと思って、まずは散歩ぐらいと思い歩きやすいスニーカーを買うことにしました。
お店で選んで、歩きやすいと思うものを買いました。
そして散歩がてら、その靴をはいて歩いてみると、五分もしないうちに足首の辺りに痛みが。
見てみると靴擦れをおこしてしまいました。
それからその靴は、はけずにいます。
痛くてはけず、散歩もいやになってしまいました。
結局運動不足のままです。

タクシーの運転手へ転職すること

タクシーの運転手は当たり前ですが転職しようというのであればまずは第二種免許というのを取得しなければならないです。これは運転免許を持っている上でさらにその上位の資格のような形のものになります。ちなみに必ずタクシーの運転手にならなきゃいけないのかということもなく、特にそうしたことを気にしているわけではないですがとりあえず取得してみたというような人もいたりします。

取得すること自体には運転免許を取ってからという運転歴が求められることではありますが、タクシー会社に所属しているとかこれからしようとしているというような条件が付いているわけではないので安心して取得できます。

もちろん、資格は更新はあるにしても一生有効なのでいつかタクシーの運転手になりたいというような人が事前にとっておくというのも良いでしょう。さて、タクシーの運転手ですが2種類のタイプの人がいます。一つは会社に勤めている人であり、もう一つが個人事業者として行っている人です。後者は個人タクシーと呼ばれるものになります。最初から個人タクシーになるということができるわけではなく最初には必ずタクシー会社に勤めなければ個人タクシーになるための資格の条件をクリアできないということになっています。

転職自体は実はそこまで大変な職種ではないです。まずはタクシー会社に応募して運転免許の二種を取得しているかあるいはこれからするかということで採用されることになります。その上で会社で研修もあります。道に詳しいことというのがタクシーの運転手には必要になるのでその営業の範囲内での様々な道路の特徴とか首都高なんかが乗り方すら慣れていないとかなり難しかったりするのでそういう練習があります。

一通りそういう研修が終わりましたら後は営業をしていくということになります。タクシーの運転手は割とたほうかなスケジュールで働くということがあります。

しかし、1日ガッツリと働いて1日休みというようなスケジュールにもなっていたりすることがあります。タクシー入社後の一日の流れとはいろいろと変則的ですが、かなり稼ぐことができるでしょう。最終的に個人タクシーへと転職するのかどうか、ということはともかくとしてまずはとにかくタクシー会社への所属が必須になります。

お手とかハイタッチをすると犬がますます可愛くなる

最近の小さな感動は、妹の飼っている犬が少しだけ芸を覚えたことです。
まだ完璧というわけではありませんが、お手とハイタッチをするようになりました。
必ずではないものの、私に対してもお手やハイタッチをしてくれたりすることがあります。
前から可愛かったけど、こうやって自分の要求にこたえてくれるとますます可愛くなってしまいますよね。
私は犬よりは断然猫派なのですが、犬のこういう所が好きという人は多いはずです。
でもこの子の場合は覚えるまでにかなり時間が掛かったような気がします。
妹には1番なついているのですが、私なんかお手と言ってもこっちを見てくれないことすらあります。
まだまだ私のことを認識していないということなのでしょうかね。
もっと仲良くなりたい気持ちはあるのですが、犬が怖いんです。
エサを手であげてみなと言われるのですが、怖くて手でエサをあげたりすることはまだ無理です。
この前もお手をしようとしたら噛まれそうになったし一度噛まれたので怖いです。

人材不足がささやかれているタクシー業界

トラックドライバーもそうなのですが、タクシー業界などのドライバー業務も人材不足と言われています。その求人としては、グリーンキャブ株式会社(参考:横浜営業所の基本情報)などからも出されていますが、この業界が人材不足となっている理由としては、運転手の高齢化が挙げられます。国土交通省の発表を参照すると、タクシードライバーの平均年齢は59.4歳なのです。これは、一般的なサラリーマンたちの平均年齢が、42.4歳であることを考慮すると、タクシードライバーの年齢は17歳も高齢であることがわかります。

また、他の理由として訪日観光客の増加も、人手不足の原因です。日本政府観光局が発表している訪日外客数によると、訪日外国人旅行者数は2011年以降の約622万人から、毎年増加傾向で2016年時点においては、約2.400万人となっています。これは、実に3.8倍の数字なのです。日本を訪れた外国人の全員がタクシーを利用するわけではありませんが、運転者不足の一つの要因になっています。特に、2020年には東京オリンピックが開催されるため、今後も託し運転者の需要も高くなり、タクシー運転車の不足が浮き彫りになることが予想されます。

その他の、ドライバー不足の要因としては、タクシードライバーが低賃金であることと、不透明な労働環境が挙げられます。タクシードライバーの賃金は、毎月約26万2,700円程度で、月間の労働時間は189時間です。この数値を参照するとそこそこ残業が多い業種と言えます。その割には、月収が低いのが特色です。
多く稼ぎたいと思うドライバーは、歩合性にて給与が決まる会社に就職したがる傾向がありますが、それでも、平均給与自体が低いとタクシードライバーのモチベーションも上がりません。

なお、タクシードライバーについては、求職者からのネガティブなイメージが多いのも事実です。例えば、長期安定して働けるかどうかが不明、安定した賃金がもらえるのか不明、若い世代がする仕事ではないという先入観、昼夜逆転するなど不健全なイメージが多いことなどが挙げられます。

採用されている、タクシー業界の人手不足対策としては、第2種免許受験資格の見直しがあります。従来の第二種免許を取得するためには、21歳以上であることと普通免許保有してから3年以上経過していることがありましたが、現在では、各都道府県が指定した旅客自動車教習所で教習を受けると、普通免許での運転経験が2年以上に軽減されます。

スリッパのべろべろと革靴のしわ

最近、スリッパの中がべろべろになっていて気持ち悪いです。
買い換えたいところですが、まだ買って1年も経っていないはずなのでまだ使いたいと思っています。
ユニクロの通販で買ったもので、ふかふかな履き心地を気に入っていたのですが、次に買うスリッパはそこではないものにしたいです。
私の父が使っているのはゴムっぽい素材の丈夫そうなもので、次はそういうものにしたいと思っています。
でも何となく高そうな気がしてどうしたものかと思うのですが、とりあえず検索してみると安いものから高いものまで色んなものがありました。
折角だから今まで履いたことのないようなスリッパが欲しいのですがさてどれにしようかやっぱり迷います。
あと数か月前に買った革靴ですが、しわができてどうしたものかと考えています。
オイルで定期的に手入れしているのですがそれだけではダメなのでしょうか。
色んな手入れの方法があったり、素材に合うオイルや洗剤など色々あるようで奥が深すぎて困る世界なのでした。