タクシーの運転手へ転職すること

タクシーの運転手は当たり前ですが転職しようというのであればまずは第二種免許というのを取得しなければならないです。これは運転免許を持っている上でさらにその上位の資格のような形のものになります。ちなみに必ずタクシーの運転手にならなきゃいけないのかということもなく、特にそうしたことを気にしているわけではないですがとりあえず取得してみたというような人もいたりします。

取得すること自体には運転免許を取ってからという運転歴が求められることではありますが、タクシー会社に所属しているとかこれからしようとしているというような条件が付いているわけではないので安心して取得できます。

もちろん、資格は更新はあるにしても一生有効なのでいつかタクシーの運転手になりたいというような人が事前にとっておくというのも良いでしょう。さて、タクシーの運転手ですが2種類のタイプの人がいます。一つは会社に勤めている人であり、もう一つが個人事業者として行っている人です。後者は個人タクシーと呼ばれるものになります。最初から個人タクシーになるということができるわけではなく最初には必ずタクシー会社に勤めなければ個人タクシーになるための資格の条件をクリアできないということになっています。

転職自体は実はそこまで大変な職種ではないです。まずはタクシー会社に応募して運転免許の二種を取得しているかあるいはこれからするかということで採用されることになります。その上で会社で研修もあります。道に詳しいことというのがタクシーの運転手には必要になるのでその営業の範囲内での様々な道路の特徴とか首都高なんかが乗り方すら慣れていないとかなり難しかったりするのでそういう練習があります。

一通りそういう研修が終わりましたら後は営業をしていくということになります。タクシーの運転手は割とたほうかなスケジュールで働くということがあります。

しかし、1日ガッツリと働いて1日休みというようなスケジュールにもなっていたりすることがあります。タクシー入社後の一日の流れとはいろいろと変則的ですが、かなり稼ぐことができるでしょう。最終的に個人タクシーへと転職するのかどうか、ということはともかくとしてまずはとにかくタクシー会社への所属が必須になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です