いろんな借主

大家をしていると色々な借主様に出会うことがあります。貸した部屋を規定に従って大切に使って頂く借主様は上客です。

 

しかし、全部が全部、上客とは限りません。ある借り主様が去った後に次の借主様を迎え入れるために室内に入ったら思わず口にしました『汚い!』。ここまでするかと思う位、汚して退室なさいました。

 

頭の中に過ったものは原状回復工事の代金がどうなるか不安になりました。次の借主様をを迎えるためには室内を元の状態に戻さなければなりません。そのために原状回復工事を行います。

 

原状回復工事は基本的に千葉県柏市で賃貸戸建ての原状回復工事の専門業者さんにお願いしています。

 

偏見と思われるかもしれませんが男性が契約して入って頂けると比較的に綺麗に使って頂けますが女性の場合は人によってはキッチンルームが食べ物の残りが残っていたりして臭いが漂っている状態になります。

 

掃除が苦労します。また、使う頻度が高くガスもしくは電気の調理器具が壊れていたりもします。このような場合は交換が必要です。壁紙も汚れが酷くどのような使い方をしていたのか空恐ろしくもなります。まるで、掃溜めに居るようです。早く元の状態に戻さなければなりません。借主様にお願いです。室内は綺麗に使って下さい!。今回も原状回復工事費用が大変だ!

給湯機にも寿命があるのかな

今日は朝から気持ちよく目覚めた。
夢も見なかったしね。
洗濯もよく乾くだろうな。
昨日の夜はネットフリックスを見た。
私はいつもお昼に日記を書くことにしているけど、他の人は寝る前とかなのかな。
どっちでもいいんじゃないかと思う。
だって、そんなことに決まりはないと思うからね。
昨日ネットフリックスで見たのはアメリカのドラマ。
子供の頃にチェスに興味を持って、どんどん上手になっていろんな大会に出て賞金稼ぎをしていく女性の話。
まだまだ先があるみたいだけど、一度に見ることはできないのでまた続きは今晩見ようと思う。
新聞を取りに行った時に隣のおばさんに会った。
なんだか給湯器の調子が良くないのだとか。
ここはマンションだから、うちの給湯器もそのうち調子が悪くなるんだろうか。
給湯機も賞味期限じゃなかった、買い替え時期って決まってるのかな。
またおばさんに会ったらその後どうしたのか聞いてみようと思う。

悩んでいた離婚相談をしてスッキリ!

ずっと以前から悩んでいたことがあり、夫が私に見つからないように私のスマホを勝手にチェックしたり、とてもじゃないですが、かなり監視されているような感じなので、ストレスを常に感じていました。

そして、私の行動に対してイチイチ指摘してくるので、毎日の生活が苦痛に感じて、帯状疱疹もでき、このまま結婚生活を続けていくのは無理だと感じたので、法的に手続きしてもらって離婚した方が良いかもしれないと考えるようになったんです。

誰にも話したくないし、内緒で周りにバレないように手続きしたいと考えていたので、弁護士事務所は離婚相談に実績があり、プライバシー厳守で安心できるところを利用したいと考えていました。ネットで検索してみると、わりと行きやすいところに弁護士事務所があり、人目につかない場所ですし、立地条件もよいので、ネットで予約して離婚相談 男性弁護士にしてきました。

まず、費用なども気になるので、トータルでいくらほど必要になるのか、ある程度把握しておきたかったので、その辺も踏まえて突っ込んだ話しを具体的にすることができ、なかなかじっくりと離婚相談することができたので、ホッとしました。対応して下さった弁護士の方は、分かりやすく説明して下さり、ここなら安心できると実感することができました。

カラスとカラスの糞と戦いの日々

家の前にある電線に明け方近くなるとカラスがびっしりやってきて糞をするため家の前の歩道は糞がびっしり、という日々。

カラスを逃がすため、夜中に窓を開けて、手を叩いたりしていますがいまいち効果がありません。カラスはこちらを舐めていて手を叩くくらいの音では飛び立とうともしないヤツさえいます。

毎晩、カラスを追い払うのは大変ですが、糞を掃除する方が大変なので欠かすことは出来ません。糞でまみれた歩道は匂うしすぐ水洗いをしないと落ちないし、水道代はかかるし大変なばかりです。

人づてにLEDのライトを当てるとすぐ逃げていく、ときき早速電気店でLEDライトを買って試してみました。

効果あり!!

ライトを当てるとバタバタと飛び去りました!!手で叩くよりもいいようです。とは言っても市役所に相談してもカラスの駆除はできないそうで、対処方しかないようで夜中のカラスとの戦いはまだまだ続きそうです。

くそー!!いつか勝ってやる。待ってろ、カラス―!!

もしかして、チーズが犯人か!?

女性は骨粗しょう症を注意しなくてはならないとテレビで見ました。
この手の情報番組は見て満足するだけが多かったのですが、骨粗しょう症になると歳を取ってからが大変そうだと思い、カルシウム摂取を心に決めました。
魚が嫌いなので、乳製品に頼ることにします。
ヨーグルト、牛乳、チーズ。
どれも大好物なので、何のストレスもなくカルシウム摂取が出来そうです。
朝から牛乳たっぷりのカフェオレでリッチな気分に浸ります。
チーズトーストもお気に入り。
昼には、スープに溶けるチーズを乗せて、熱々でいただきます。
ラーメンにもチーズをトッピングすると美味しいと気が付きました。
夜はビールのお供にチーズです。
カルシウム摂取を心掛けながら、お酒を楽しむなんて合理的。
とにかくチーズがどんな料理にも活躍して、着々とカルシウムを摂取できているとおもいきや。
なんと、激太りです。
思ったんですけど、やっぱりチーズが犯人だと思います。

本日雨天 仕事が休みとなりました

今朝は朝から雨。仕事が休みとなりました。通常であれば朝からバタバタ準備をして会社に行きますが、本日はなし。

ゆっくりと起き、テレビを見て、朝ご飯の準備が出来たらニュースを見ながら食べる。非日常的な1日です。朝ご飯を食べてから普段は子供たちは歩いて学校に通いますが、今日は車で送りました。子供達も、雨の中歩かなくて済み喜んでいるようです。

送ってからは何も予定がありません。布団に寝転んでゴロゴロしています。何もしないうちにお昼になります。お腹が空いたので食品を買いに近くのスーパーへ。

そこでお酒を購入し、昼酒の開始です。お酒を飲みながら、つまみ食いをし、楽しい時間を過ごしました。お昼を食べてからも何もすることはありません。お昼寝です。

一人静かに布団に横になり、静かに眠ります。起きれば夕方。お腹も空きません。布団の上でダラダラと過ごし、お腹が減り始めた所で、夕ご飯の準備です。今日はお昼にお酒を飲んでいるので、あっさり目のうどんにしました。また少しお酒を飲みながらうどんを食べ、お風呂に入り、今日一日が終わりした。買い物以外外に出ない、何もしない1日を過ごしました。

新築が注目される武蔵村山市の話題

家の中身は色やデザインが重要になっていきます。新築 武蔵村山市は新築が数多く出ているので話題です。具体的な形としては日本離れしたデザインが特徴です。つまり古風なデザインがないので住みやすいのです。
武蔵村山市の家は昔の様式から離れつつあります。その値段を見ても一般的なものより高級です。そこには最新の設備や暮らしに関係した設計があります。新築が良い理由は将来を考えた時に分かります。
武蔵村山市の新築を見ると機能性を重要視しています。そういった家は邪魔なものを排除した作りがポイントです。武蔵村山市の家も家具や設備などを最小限にしています。そういう設計が未来的な暮らしを支えているのです。
結果として武蔵村山市では最新の新築を見ることができます。それを購入すれば長く新しい生活スタイルを維持できます。インターネットなどで武蔵村山市を調べれば住まいもカジュアルさを意識していることが分かります。

出会いのきっかけはメールでした。

職業柄出会いがなく、恋人探しに苦労していました。友人からの紹介もなかなか上手くいかず、結果的に友人と気まずくなってしまいました。

そこで私は自分で行動を起こすことにしました。私が行ったのはメル友探しです。出会い系サイトに登録したり、SNSを活用して出会いを探しました。出会い系は登録するやいなや、たくさんの人からメールが届いたので驚きました。ただ、なかなかメールのやり取りが続かなくて自然消滅してしまいました。

もう一つの出会い探しは、Facebookです。私はFacebookに登録をしていたので、そこでつながれる人を積極的に探しました。Facebookなら趣味が同じ人を探しやすいし、相手のプロフィールなどを見たらどんな感じの人か大体わかったので便利でした。

同じ趣味を持っていたり、外見がちょっと好みだったりする人には勇気を出してメールを送りました。返信のない人もいましたが、大抵は返信してくれたので嬉しかったです。

メールのやり取りが続くと、だんだんに仲良くなっていくことができました。一人の男性とすごく気が合ったので、お互いのLINE交換をしました。彼も職業柄なかなか新しい出会いがなく、少し焦っていたそうです。タイミング良く私からメールが届いたので運命を感じたと言っていました。LINE交換メインではアラサーとの出会いが多い印象ですね。

初対面は共通の趣味があったので、そのサークルでのオフ会でした。二人で会わなかったのは、大勢いる方がお互い気まずくならないし、不安も軽減されるからという理由でした。それを言い出してくれたのは彼の方で、こちらのことをちゃんと考えてくれていることに誠実さを感じました。

オフ会で会った時、お互いの写真を送り合っていないに関わらず直ぐに「あの人だろうな」とわかったから不思議です。メールの文章から大体の人物像を想像していましたが、それとほぼ同じだったので可笑しかったです。相手も私のことは想像した通りだったと言っていたので、二人で笑い合いました。

私達は直ぐに意気投合して、その日のオフ会も結局二人で話し込んでいました。
そして次回からは二人で会うようになり、仲を深めていきました。メールで出会いなんて期待していなかったのですが、勇気を出して本当に良かったです。

体力の衰えを痛感した一日でした

昨日の午前中は前日からずっと降り続く雨がやまず、お店に来るお客さんの数も少なくて、のんびりとした感じでした。しかし、午後になり雨が止むと一変。

日曜日だったこともあり、一気にたくさんのお客さんが来店されました。多数のお客さんのご依頼にお答えするために、私も周りのスタッフも大忙しで働きました。昨日は風邪で休んでいるスタッフが二人いたため、より忙しさに拍車がかかる状態でした。

いつも、多少は早歩きをしたり小走りをすることはありますが、昨日はいつも以上に小走りを何度も繰り返して、フロアの一階と二階を往復していました。閉店時間になる頃には、もうくたくたです。トイレの鏡で顔を見ると、はっきりと疲労感が出ている顔がそこにはありました。一晩明けた今日になっても、疲労感は強く残っていますし、筋肉痛も下半身にでています。自分の体力の無さを痛感して、がっかりしています。家と職場の往復にウォーキングを取り入れるなどして、体力アップをしないとこのままではまずいかなと、筋肉痛で痛む足でフロアを歩きながら、考えてしまった今日一日でした。

ナンパしてくる子はコミュ力が高い

最近は、ナンパされることがものすごく減りました。
それは自分の年齢とか、見た目の変化(いわゆるナンパしやすい服装というのがあるそうです)もあるとは思います。

しかし、それだけではなく、実際街中で声をかけている人が本当に減ったと思います。
キャッチかナンパか明確にわかりませんが、とにかく声をかけられることも声をかけている人も減ったと思います。
街中でキャッチなどを目的として他人に声をかけるのを禁止した、迷惑行為禁止条例の存在も大きいと思います。
ナンパとキャッチは紙一重ですからね。

しかし、その原因のひとつは、出会い系アプリの存在も大きいと思います。
出会い系アプリも、以前は真剣な出会いを求めているのにヤリモクしかいない!などの不満が出ていましたが、
堂々と即実の出会いを求める人達が集まるアプリとか、アプリも細分化して、目的の人と出会えるようになったのも大きいと思います。
事前に出会い系アプリで、大体のひととなりを知って、目的(ご飯だけ食べたいとか、一緒に飲みたいとか、その後も気が合えばOKとか)、そこまで事前に打ち合わせてから会うことで、出会ってからのぎくしゃくがへって、出会い初心者が初対面の人と出会う敷居が、かなり下がったと思います。

ナンパ師が教える本当のネットでの出会いのノウハウなんかもネットで見れるようになっているのでわざわざ街でナンパしなくてもネットで出会えるじゃんって思いますよね。

そんな中で、今だにナンパしてくる人は、相当こみゅ力が高いといえます。
もはや修行かな?と思います。
何も考えていない人も中にはいますが(笑)

とにかく、道を歩いている女性にいきなり声をかけるのは勇気が必要な行為だと思います。
お笑い系の方が、度胸をつけるために練習がてらナンパしているというのも、あながち女好きの言い訳だけではないと思います。
ナンパ師に必要なのは、ナンパにひっかかってくれる女の子を見分ける力と折れないハートといわれています。
そのくらい、街中でのナンパの成功率は低いのですから。
本当に女の子と出会いたいのであれば、今はアプリの方が確実なのではと思います。

しかし、それでもナンパがなくならないのは、目の前の可愛い子、好みのタイプの子は、アプリにはいないかもしれないからです。
目の前の女の子に声をかける、その行為は成功率は低くても、やっぱりナンパにはロマンがあります。